フェニックスサイエンスは医療、食品、環境分野に於ける研究者をサポートする為の外国製分析機器を販売している会社です

 
 

03-6222-4360

受付時間 : 9:00~17:00

コロイド浸透圧計

HOME > 製品情報(メーカーから探す) > コロイド浸透圧計

以下の製品は2019年4月15日より朝日ライフサイエンス株式会社の取り扱いとなっております。


朝日ライフサイエンス株式会社社の製品紹介ページはこちらから

コロイド浸透圧計

患者の循環動態管理に

品番 050
メーカー名 Gonotec GmbH
分野別Ⅰ 医療
分野別Ⅱ 製薬
分野別Ⅲ
目的 浸透圧計
コロイド浸透圧計

製品説明

「膠質(コロイド)」とは結晶化しない物質のことで、主にアルブミンやグロブリン等の血漿蛋白質のことを示します。その血漿蛋白質が生態に及ぼす浸透圧、つまり膠質浸透圧を簡単に分析することができます。

特長

  • 最少 50μL サンプルによる迅速測定(血清、血漿、全血)
  • 自動洗浄、自動ゼロ校正
  • 静水圧による迅速なゲイン校正
  • 測定データのプリンタ、レーコーダ同時記録可能
  • 自動周期洗浄により、1 回のメンブランセットで長期間スタット測定が可能
  • mmHg, cmH2O, k-Pascal 単位の選択可能
050サンプル

測定原理

測定

血中蛋白成分の分子量は60,000 以上の大きさです。分子量10,000〜20,000 以上の高分子成分の透過をカットする半透膜メンブランを介して、一方にリンゲル液、他方に血清などを置くとリンゲル溶液中の水分は血清側に引き付けられて行きます。この結果リンゲル側には、血清側に対して陰圧になり、ある平衡点でこの水の移動は停止します。この時リンゲル側に発生する陰圧が血清中の蛋白など高分子に由来するコロイド浸透圧として圧力トランスデューサーに感知されます。

校正

校正はメンブラン両側にリンゲル溶液を置いた時に、圧力トランスデューサーが感知する僅かな静水圧(排液ボトルの液面とメンブランの位置の間に発生する)で自動ゼロ合わせが行われます。排液ボトルを机上に移動すると、正確に10.0 cm の静水陰圧がメンブランの下部の圧力トランスデューサーに更に加わります。この時に発生する電気信号を利用して電気的に10.0cmH2O 調整を実施することができます。このようにして、あらかじめ校正した装置に専用シリンジで血清、血漿サンプルを注入します。サンプルの性質および使用メンブランの性質に応じて60 秒〜4 分30 秒の間にコロイド浸透圧が表示されます。

コロイド浸透圧測定原理

アプリケーション

仕様

横にスクロールしてご覧いただけます。

セル容量 <10μL
サンプル量 >100μL
サンプル導入 専用シリンジ使用
メンブレン 標準:20,000 分子量カット
オプション:10,000 分子量カット
ゼロ点調整 自動設定
スパン調整 静水圧調整または既知浸透圧サンプル
測定範囲 0〜99.9 mmHg
再現性 <±0.5 mmHg
測定時間 1〜3 分(メンブラン、サンプルによる最大4分半)
単位選択 mmHg, cm H2O, k-Pascal
寸法 35(w) x 35(h) x 25(d) cm
重量 6.9Kg
電 源 100 V 50/60 Hz 60VA

関連製品

バイオケミストリーアナライザー

バイオケミストリーアナライザー

乾式血球算定装置置

乾式血球算定装置

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

お電話からのお問い合わせはこちら

03-6222-4360

受付 / 平日9:00~17:00

Copyright(c) Phoenix Science All Rights Reserved.