フェニックスサイエンスは医療、食品、環境分野に於ける研究者をサポートする為の外国製分析機器を販売している会社です

 
 

03-6222-4360

受付時間 : 9:00~17:00

田園都市レディースクリニック

HOME > 現場からの声 > 田園都市レディースクリニック

安全性の為に培われた高い技術力

田園都市レディースクリニックでは、まだ安全性が確認されていないPVP(ポリビニルピロリドン)を使用しないICSI(顕微授精)を行っています。PVPは精子の動きを緩やかにするために多くの施設で使用されていますが、ICSIを行う時にPVPを使用すると微量ですが卵子細胞質内に入るリスクを避けられません。
PVPを使用しないでICSIをするためには培養士の高い技術が求められるため、田園都市レディースクリニックでは、培養士の技術力を向上し安定させるために丁寧な技術指導の元、日々訓練が行われています。

 
dlc_photo_3.jpg
 

妊娠率を上げるために

田園都市レディースクリニックでは顕微授精を行う時に全症例においてIMSI(高性能の顕微鏡で精子の頭部を強拡大し形態良好精子の選別を行うこと。)とSpindle(紡錘体)可視化を行っています。Spindle(紡錘体)は、細胞分裂時に形成される細胞内の構造であり、染色体を均等に分けるという重要な働きをしています。紡錘体を可視化することにより卵子の成熟度を判断でき、大切な紡錘体を傷つけずにICSIが出来るようになるため、可視化出来ていない場合の卵子よりも正常受精率がアップします。
また、受精したあとも受精卵にストレスを与えないで観察可能なタイムラプスインキュベーター(インキュベーターから取り出すことなく観察が可能で、より体内に近い環境で培養出来るので着床率がアップする。)を全症例で導入しています。


 

万が一の災害への備えや事故防止の為のシステム化

治療・培養室内の作業において絶対にあってはならない取り違え防止の為に、人間によるダブルチェックと共に、
二次元コード・患者認証などのシステムを併用して徹底して防止をしています。
また、万が一の地震時に備えて建物内の人の安全はもちろんのこと、培養・凍結中の胚や精子を守るため、
建物の免震装置を設置しています。


導入製品選択のポイント

MatTek社のメディカルグレードのディッシュを知ったきっかけを教えて下さい。

ガラスボトムディッシュを検討する際、数種類のディッシュを試した中の一つがMatTek社のメディカルグレードのディッシュでした。 

数ある製品の中からMatTek社のメディカルグレードのディッシュをお選びになった理由を教えて下さい。

PVP(ポリビニルピロリドン)を使用しないICSIではディッシュのガラス表面に精子が貼り付いてしまいやすいのですが、MatTek社のメディカルグレードのディッシュは精子が貼り付くことがなく、ICSIが出来るため当院のICSIにはとても合っています。

 

実際にMatTek社製品をご使用になられて評価頂ける点があればお聞かせください。

    • 個別包装で常に衛生状態を保てる。
    • 品質にムラがなく不良品がほとんど無い。
    • 米国メーカー製品なのに納期に遅れが無い。
    • 品質・安全性への信頼度が高い。
    • PVP(ポリビニルピロリドン)を使用しない当院のICSIに合っている。

培養室

室長 有地 あかね 氏


田園都市レディースクリニック

培養室 室長 有地 あかね 氏

  【略歴】
  1997年 明治大学農学部生物生産学科  卒業
  1997年 加藤レディスクリニック        勤務
  2004年 田園都市レディースクリニック 勤務
 【所属学会・資格・役職など】      
      
 【所属学会】
 日本生殖医学会
 日本受精着床学会
 日本卵子学会
 日本臨床エンブリオロジスト学会        理事
 日本IVF学会
 日本不妊カウンセリング学会
【資格】
 生殖補助医療胚培養士
 体外受精コーディネーター

 



【受賞・著書論文など】

【論文】
・当院ARTにおける出生児体重の比較検討

 日本不妊カウンセリング学会誌15巻1号


【発表】

・Relationship between birth weight of infant after ART and the grade of inner cell mass (ICM) or trophectodarm (TE) of blastocyst

IFFS/JSRM International Meeting Yokohama 2015
・40歳以上、反復不成功患者における卵子紡錘体可視化の有無、
  紡錘体位置による臨床成績の検討 

第16回日本IVF学会 横浜 2013
・生殖補助医療(ART)による出生児性別比率の比較報告 
第30回日本受精着床学会 大阪 2012
・当院ARTによる出生体重の比較検討 
第11回日本不妊カウンセリング学会 東京 2012
・高年齢、反復ART不成功患者のIX-ROBOpolar使用における培養成績の検討 
第29回日本受精着床学会 東京 2011
・凍結融解単一胚盤胞移植におけるグレード別に見た妊娠成績の比較・検討
第55回 日本生殖医学会 徳島 2010
・Immotile cilia症候群による男性不妊症対しICSIを施行し生児を得た1例
第26回日本受精着床学会 福岡 2008
・当院におけるICSIのポイント
第26回 日本受精着床学会 福岡 2008
・反復不成功患者新鮮胚移植におけるAssisted Hatching(AH)の有効性の検討
第25回 日本受精着床学会 仙台 2007
・2種類のインキュベーターによる胚発育の比較検討
第2回横浜ART研究会 横浜 2005

 

現場を訪問して

田園都市レディースクリニック[ あざみの本院]様は東急田園都市線、横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野駅」東口より徒歩3分の場所にあります。
2019年5月に新しくオープンしただけあって遠くから見ると高級ホテルのように綺麗にライティングされていたので、駅から歩いていくと目立っていました。
培養室長の有地様はお忙しい時間にも拘らず笑顔で対応してくださいました。
PVPを使用しない安全性を重視した独自のICSIがMatTek社のメディカルグレードディッシュと適合しているとお聞きしてとても光栄に感じました。


クリニック情報

田園都市レディースクリニック[あざみ野本院]

 

スクロールしてご覧いただけます。

所在地 〒225-0011 横浜市青葉区あざみ野1丁目5−1
理事長/
あざみの本院 院長
河村 寿宏
設立 2019年5月
URL https://www.denentoshi-lady.com/
診療科目 不妊治療/人工授精/体外受精/顕微授精/男性不妊
導入製品 P50G-0-30-F.I/H

田園都市レディースクリニック[二子玉川分院]

 

スクロールしてご覧いただけます。

所在地 〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-24-24
セゾン玉川5F
二子玉川分院 院長 大原 基弘
設立 2014年
URL https://www.denentoshi-lady-futakotamagawa.com/
診療科目 不妊治療/人工授精/体外受精/顕微授精/男性不妊
導入製品 P50G-0-30-F.I/H

田園都市レディースクリニック[青葉台分院]

 

スクロールしてご覧いただけます。

所在地 〒227-0062 横浜市青葉区青葉台2-3-10
ラルク青葉台5F
青葉台分院 院長 清水 康史
創立 2000年
URL https://www.denentoshi-lady.com/aobadai/
 診療科目 不妊治療/一般婦人科

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

お電話からのお問い合わせはこちら

03-6222-4360

受付 / 平日9:00~17:00

Copyright(c) Phoenix Science All Rights Reserved.