フェニックスサイエンスは医療、食品、環境分野に於ける研究者をサポートする為の外国製分析機器を販売している会社です

 
 

03-6222-4360

受付時間 : 9:00~17:00

山下湘南夢クリニック YSYC

HOME > 現場からの声 > 山下湘南夢クリニック YSYC

患者様の負担を最小限にかつ最高水準の技術で

山下湘南夢クリニック YSYCでは患者様の肉体的・経済的負担を最大限に軽減するため、過剰な卵巣刺激を行わない低刺激採卵や自然周期採卵を実施しています。そのため、採卵1回あたりの平均採卵数は2個弱です。
他院(平均採卵数約10-20個)と比較して圧倒的に少ないこの採卵数で治療を成功させるためには卵子を受精させ
胚を育て上げ移植をする、それぞれの過程で高精度の培養技術が必須となります。

 
clinic_photo_ysyc_1.jpg

最先端の生殖医療

YSYCでは併設する高度生殖医療研究所と連携し、最先端の生殖医療の研究・開発を行っています。
その一つが胚培養システムにおける揮発性物質の影響に関する研究です。
国内はもちろん諸外国の各施設では、培養胚の管理・取り違え防止のためにラベルシールが多用されています。
ラベルシールの粘着剤に含まれる揮発性物質が培養胚に悪影響を与えることをYSYCが世界で初めて報告しました。
(特許出願中)
さらに、日本BRADY社と共同で揮発成分を全く含まない培養環境用ラベルシール『Gas-nil』を開発しました。
現在、Gas-nilを採用する医療施設が増えてきており、患者様の胚や貴重な培養細胞等を揮発性物質から
保護するのに一役買っています。

 

導入製品選択のポイント

MatTek社のメディカルグレードのディッシュを知ったきっかけを教えて下さい。

YSYCでSpindle localization-ICSI技術を導入するにあたり、日本国内でガラスボトムディッシュを販売している
メーカーについて関係先に問い合わせ、紹介していただいたことがきっかけです。

 

数ある製品の中からMatTek社のメディカルグレードのディッシュをお選びになった理由を教えて下さい。

ガラスボトムディッシュ製品選定にあたり、培養液の伸展度合い、OIL被覆のやり易さ、顕微授精時の使用感が最も良かったためです。

 

顕微授精・胚移植成績向上には使用する消耗品の品質がとても重要な要素

顕微授精や胚移植成績の向上には、培養環境を安定させることが必須であり、その実現のためには使用する消耗品の品質が重要であることは論を待ちません。    培養環境における化学物質、特に揮発性物質については
培養液を被覆しているミネラルオイルを通過し培養液に浸透し培養胚へ影響を及ぼすことが明らかにされています。
これは、我々培養士は目に見えない脅威に対しても日々細心の注意を払わなければならないことを示唆しています。
MatTek社製品は原材料のプラスチックの安全性だけでなく、接着剤の安全性も検証した上で提供されており、
安全性を追求するYSYCの理念と一致することから、メディカルグレード品質のガラスボトムディッシュを信頼し、
安心して使わせていただいています。

 

培養室

室長 河野博臣 氏

hiroomi.kawano-2.jpg

山下湘南夢クリニック
培養室 室長 河野博臣氏

  【略歴】
  2000年 明治大学農学部生命科学科 入学
  2004年 明治大学農学部生命科学科 卒業
  2004年 明治大学大学院農学研究科生命科学専攻
              博士前期課程入学

  2006年 明治大学大学院農学研究科生命科学専攻              博士前期課程卒業
 2008年 加藤レディースクリニック培養室 勤務
 2012年 日本臨床エンブリオロジスト学会
            認定臨床エンブリオロジスト取得
 2014年 山下湘南夢クリニック培養室 勤務
 2017年 麻布大学獣医学研究科動物応用科学専攻
            博士後期課程入学
 現在に至る



【業績】
2011年 第29回日本受精着床学会総会・学術講演会
排卵誘発を目的としたhCG投与がマウスの子宮に与える影響Ⅱ~hCG投与マウスの産仔生産能の評価~』
2011年 ESHRE 27th Annual Meeting in Stockholm,Sweden
『hCG is critical for the uterine decidual response in mice 』
2013年 第31回日本受精着床学会
『夫の加齢及び媒精方法が受精後卵子発生能に及ぼす影響』

2013年 第16回IVF学会
夫の加齢及び媒精方法が受精後卵子発生能に及ぼす影響』
2015年【発明の名称】培養容器の表示用シール
【特許出願】整理番号:2015P9091 特願2015-197772 提出日:平成27年10月5日
2015年 第2回不妊治療を考える集い 
『西洋医学と東洋医学の接点を求めて培養士の仕事について~体外受精の流れと当院の技術~』
2016年  第57回 日本卵子学会

『Culture dishに貼付するラベルシールはマウス胚発生を低下させる』
2016年 ASRM(the American Society for Reproductive Medicine)in Salt Lake City, USA
AFFIXING LABELS ON CULTURE DISHES DECREASE THE DEVELOPMENT RATE OF MOUSE EMBRYOS』
2017年   第22回 日本臨床エンブリオロジスト学会 
日本エンブリオロジスト学会フェリング・ファーマ賞受賞 
『Culture dish の識別管理における低アウトガスラベルシールの使用はマウス胚体外発生能に影響しない』
2018 年 第59回 日本卵子学会
『ID記載用ラベルシールから発生するアウトガスはヒト胚盤胞の拡張を阻害する』 
2018年  第36回 日本受精着床学会

『Culture dish ID記載用ラベルシール3社の安全性比較試験』
2018年 第63回 日本生殖医学会

『加熱処理を行った低アウトガスラベルの安全性評価』 
2018年 Symposium on reproductive endocrinology and assisted reproductive technology
(生殖内分泌と生殖補助技術の新進展学術シンポジウム) in China  

『The way towards the best IVF outcomes』

 

現場を訪問して

山下湘南夢クリニック様は藤沢駅から徒歩4分とアクセスの良い場所にあります。
院内はとても綺麗でスタッフの方全員に親切丁寧にご対応いただきました。

山下院長と培養室長の河野様が「無駄なコストを抑えて安全性への費用に投資をしたい。」とおっしゃったお言葉が印象的でした。
患者様本位の安全性への高いこだわりをお持ちのクリニック様です。


クリニック情報

スクロールしてご覧いただけます。

所在地 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-2-10
ウェルビー藤沢4F
院長 山下 直樹
創立 2009年4月
URL https://www.ysyc-yumeclinic.com/
導入製品 P50G-0-30-F.I/H

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

お電話からのお問い合わせはこちら

03-6222-4360

受付 / 平日9:00~17:00

Copyright(c) Phoenix Science All Rights Reserved.