フェニックスサイエンスは医療、食品、環境分野に於ける研究者をサポートする為の外国製分析機器を販売している会社です

 
 

03-6222-4360

受付時間 : 9:00~17:00

ガラスボトムディッシュ・ガラスボトムウェルプレート 選択ガイド

HOME > コラム > ガラスボトムディッシュ・ガラスボトムウェルプレート 選択ガイド
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ガラスボトムディッシュ・ガラスボトムプレート選択ガイド


 1.ディッシュの径は35.50.60.100mmそれともウェルプレート?
 35mm径 最も一般的で殆どのアプリケーションに使用されています。
 50.60.100mm径 径が大きく側面の高さが低いため、マイクロインジェクション作業に適しています。
長期の観察のための多量の培地が必要な場合にも適しています。
 ウェルプレート 複数の培養を同一環境下で観察するのに適しています。6.12.24.48.96ウェルがあります。
   
   

 2.カバーガラスの厚みは?
 No.0 0.085~0.13mm 厚みのあるサンプルを観察する時や自家蛍光を最小限に抑えたい場合に適しています。
 No.1 0.13~0.16mm  
 No.1.5 0.085~0.13mm 一般的な生物用の対物レンズの規格に合った厚さです。
 No.0.170 0.17±0.005mm 対物レンズの規格の基準となる0.17mmにより近いハイトレランスガラスです。
     
     

3.測定ホールのサイズは?
7mm 希少な試薬の消費を最小限に抑えたい時に適しています。
10mm 細胞数や培地、試薬に制限があるアプリケーションに使用されます。
14mm 最も一般的で、ほとんどのアプリケーションに対応できます。
20mm 広い可視範囲が必要なアプリケーションに使用されます。
30mm 可視範囲を最大限に広くとるために使用します。※50mmディッシュのみ
   


 4.カバーガラスのコーティングは?
 コーティングなし 形質転換細胞や癌細胞に適しています。独自コーティングを行う際にも使用されます。
 ポリ-d-リジンコート 神経細胞などのプライマリーセルに適しています。
 コラーゲンコート
(Type1rat tail collagen)
内皮細胞・肝細胞・筋細胞などの接着や分化・増殖を促します。
   
   
      

 5.カバーガラスはグリッドあり?グリッドなし?
 グリッドあり 細胞数の概算・培養経過の観察や細胞の位置確認・タイムラプス・トランスフェクション効率の算出に適しています。
 グリッドなし もっとも一般的でほとんどのアプリケーションに使用されています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

お電話からのお問い合わせはこちら

03-6222-4360

受付 / 平日9:00~17:00

Copyright(c) Phoenix Science All Rights Reserved.